耐震住宅について知っておきたい等級などの知識

お勧め記事

これから家を建てる絶対に耐震住宅にしたほうがいい

これから埼玉で家を建てる予定があるかたは絶対に耐震住宅にしたほうがいいですね。埼玉は都心からも近くて、仕事は都内でしても自宅は埼玉に建てようって思っている方はいらっしゃると思います。でも、実際はどんな家を建てたらいいのかな、と悩む方も大勢いますね。一生の買い物ですから当たり前のことです。
日本は地震大国と言われています。いくらおしゃれで可愛い家や素敵な家を建てても、地震で崩壊してしまったら元も子もありません。ですから、これから家を建てようと思っている方は是非、耐震住宅にしたほうがいいでしょう。災害というのはいつ起こるかわかりませんし、誰にも予測なんて出来ません。ですから、地震が起きた時にせめて家だけは壊れない、これはものすごく重要なことだと思います。
また、都内で地震が起きた時に歩いて帰らなければいけない、ということもあると思います。そういった時でも埼玉ならギリギリ帰れる距離ですね。頑張って帰宅をして、家が壊れていない、それだけで違います。耐震住宅でも、素敵な家はたくさんあります。ですから、デザインや収納だけではなくこれから家を建てようとしているなら、是非耐震住宅をおすすめします。

耐震住宅とは?これから建てるなら家族を守る家を

近年では大きな地震が立て続けに各地で起こり、いつ、どこで大きな地震が起こるかわからない状況と言われています。特に首都直下型地震は今後30年以内に発生する危険性がかなり高いと予想されており、埼玉を含む南関東を再警戒としていますので、埼玉でも大きな揺れに襲われることが予想されます。
このような現代の日本で新たに家を購入するなら、大地震が起こった際にも家族を守ることのできる丈夫な家を選びたいと思っている方も多いのではないでしょうか?ここでは、耐震住宅を考える際に欠かせないワード『耐震等級』について詳しくお伝えしていきます。まず、耐震等級には1から3まであります。今日の建築基準に則って新築される住宅は最低でも等級1をクリアしていなければなりません。等級1は『倒壊に対して、極めて稀に発生する地震に対して倒壊、崩壊しない。また建物が損傷を受ける程度を、稀に発生する地震による力に対して損傷を生じない程度』とされています。
等級2はそれの1.25倍、等級3はさらにその1.5倍の地震に対抗できる強さです。等級1を最低レベルとして更に耐震に取り組み、それぞれの工法で工夫を重ね、等級2や3を標準レベルとしている住宅メーカーも多くあります。耐震住宅を考える際は、耐震等級についても重視してみてはいかがでしょうか。

1000万円台からの注文住宅は北辰工務店におまかせください。「ポラス暮らし科学研究所」にて自社で技術開発をしています。柏展示場は「夫婦円満」がテーマ、趣味を楽しむ大人夫婦のための展示場です。ポラスの注文住宅は、デザインも耐震も妥協しません。木のぬくもりを感じるポラスのショールームにぜひお越しください。耐震技術や補強に力を入れた安心の歴史ある工務店なら北辰工務店

新着記事一覧

2018年09月20日
耐震住宅は地震だけでなく台風にも備えられるを更新。
2018年09月20日
安心安全を作りだす耐震住宅を検討しようを更新。
2018年09月20日
家族のこれからの未来を守るための耐震住宅を更新。
2018年09月20日
耐震住宅を建てたり家を補強したりする工事についてを更新。
ページトップへ