耐震住宅は地震だけでなく台風にも備えられる

耐震住宅で大切な家族を守りましょう

我が国日本は地震大国と言われており、記憶に新しい大きな地震も多くあります。これから恐ろしい震災がまた起きてしまうことは、埼玉だけでなく日本中どこでも想定できます。そうなると、まず気になるのが「自分の家は地震に強いのか?」というものです。
特に「これから家を建てよう」という方には地震に強い家、特に耐震住宅を建てることを強くオススメしたいです。住宅の購入を検討する上で、住宅の安全性は最も重要なポイントです。地震が多い日本だからこそ、耐震性能の優れた家に住みたいというのは誰しもが考えることだと思います。しかし耐震性能を取り入れていない住宅に住んでいる方も多く、なんと半数の人は耐震性能のない住宅に住んでいるというアンケート結果も出ているようです。
また埼玉でも自然の脅威は地震だけではありません。台風や大雨や強風など数多の災害があり、心配です。ですが地震に強い住宅、特に耐震住宅ですと構造上、台風や強風による揺れは軽減することができます。ひと口に地震に強い住宅といっても免震、制震、耐震など様々な性能のものがあります。住宅購入の際はご自身のニーズに合わせ、じっくりご検討ください。家族を守れる強くて安心安全な住宅を購入しましょう。

マイホームを建てるなら耐震住宅で守ろう

地震はいつ起こるか予測出来ないもので、地震大国日本に住んでいるなら誰がいつその現場に直面してもおかしくない状態です。その威力は経験された人でないと理解しにくいものかもしれません。地震で我が家が崩れてしまう様子、誰でも愛着のある我が家がなくなってしまったらそれは想像を絶する悲しみや後悔があるでしょう。
近年では「地震に強い家」を建てようと希望される方も増えているようで、それに伴って各ハウスメーカーも独自の技術や構造を駆使し、「地震に強い家」を提供出来るように力を入れています。具体的に耐震住宅というのは、揺れに耐えられるように建物の壁を厚くしたり、柱を補強したりして地震の強い揺れでも崩れないように構造した建築物になります。なので、これから注文住宅を建てられる方は耐震住宅にすることをオススメします。
建売住宅の購入を検討されている場合は、耐震に対する設計などを確認してみると良いでしょう。では、既に我が家が建っている場合はどうしたら良いのかという問題についてですが、埼玉県では県内の住宅、建築物の耐震診断や耐震改修に関する補助制度があります。地震で被害にあってからでは遅すぎるということで費用面での補助をしてくれる制度が発足され、それによって耐震対策がされている建築物も増えてきました。埼玉県ではこうした対策で地域住民を守る支援が積極的に行われています。

新着記事一覧

2018年09月20日
耐震住宅は地震だけでなく台風にも備えられるを更新。
2018年09月20日
安心安全を作りだす耐震住宅を検討しようを更新。
2018年09月20日
家族のこれからの未来を守るための耐震住宅を更新。
2018年09月20日
耐震住宅を建てたり家を補強したりする工事についてを更新。
ページトップへ