家族のこれからの未来を守るための耐震住宅

耐震住宅ってどんなお家?揺れに強い家の特徴

あなたの家族は地震対策が万全ですか?いつなんどき起こるかわからない地震。休んでいる時、寝ている時家族を守ってくれるのはあなたの家です。阪神大震災で多くの被災者を出した理由のひとつは住宅の倒壊です。地震によってあんなにも多くの家屋が倒れなければ被災者はもっと少なかっただろうと言われています。
耐震住宅とは地震の揺れに強く、倒壊しないよう作られた住宅のことです。どんな家が地震に強い耐震住宅と言われるのでしょうか?例えば家の外部内部の要所に大きな柱があり、それぞれの柱にかかる負担が同じになる様に計算されています。デザインが複雑で一つの間取りが大きい場合は耐久性のある壁や柱が少ないので要注意です。円形状、コの字、L字などの家はカッコいいですが、長方形の家より耐久性が弱くなります。建物の基礎部分に金物で補強がしてある家や、重心を下に持ってくるよう設計されている家は揺れにくく安全です。
あなたがすでに持ち家を持っており、自分の家が耐震住宅かどうか気になる場合は、インターネットなどで簡単な質問に答えるだけでチェックすることができます。弱い部分が分かれば対処の仕方が分かりますね。埼玉には耐震リフォームを請け負ってくれる施工会社や、これから耐震住宅を一から建てたいという人のための会社があります。あなたが埼玉にお住みの場合はまずは見積もり、相談することから始めましょう。

家を建てるなら耐震住宅でしょう

近年日本だけでなく、世界中で火山活動が活発化していて、それに伴い大地震ではなくても、震度4以下程度の地震が日本各地で頻繁におきています。昔に建てられた家だとそのような地震を数回経験すれば、倒壊までしなくてもどこかに歪みが起きてもおかしくありません。
地震対策は日本に住んでいれば当然必要になってきます。学校、病院などの公共施設は義務化により、耐震補強、耐震設計されていますが、実際のところ住宅までは義務化されていません。ただ、これから家を建てるのであれば、耐震住宅にするのがいいでしょう。埼玉近郊でも大地震の予想がされています。「机の下に隠れる」というという避難訓練を学校等で教わりましたが、家にいるときに隠れたとしても、家自体が倒壊しては意味がありません。
家を建てるのは数千万円の額になります。そんな大金をかけるのであればしっかりとした家で、家族の命が守れる耐震設計にすべきですし、孫の代になっても倒れない家だと、もし今後売却する際も耐震住宅していない家よりは高く売却できます。埼玉などの都心郊外に建てるならば、資産としての価値も上がります。住宅保険だけでのリスク管理だけではなく、耐震設計によるリスク管理も重要です。

新着記事一覧

2018年09月20日
耐震住宅は地震だけでなく台風にも備えられるを更新。
2018年09月20日
安心安全を作りだす耐震住宅を検討しようを更新。
2018年09月20日
家族のこれからの未来を守るための耐震住宅を更新。
2018年09月20日
耐震住宅を建てたり家を補強したりする工事についてを更新。
ページトップへ